上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、ライカです。
意外と長くなってしまったので別記事で。

今回は聖者の丘に滞在したパーティを改めて見てみます。
 


Sleight of Artists
前期の事をほぼ知らないのですが、話に聞くと前期色々な所で活躍していた方々が一同に集まったとか。
そういう意味では精鋭の選抜パーティと言えるのではないでしょうか。

・編成
キャサリンさん 金魔法使い サイレンス、DF
フレデリルさん 歌師 巧妙の賛歌、怯懦、DF
アリアさん 僧侶 サイレンス、パラライズ、DF
ヒョロリさん 金罠師
シディさん 火罠師
心羅さん 僧侶 強健III、DF

怯懦とパラライズで敵の攻勢を抑え、罠2枚と魔法で敵を殲滅する形です。巧妙の賛歌と罠2枚が良いシナジーを形成していますね。
防御面に関しても回復2枚、DF4枚、強健IIIと万全です。
注目はスキル編成。しっかりとチェインスキルを取っている辺り、どこかの段階で斬りに入るのでしょう。

聖者の丘の戦闘では1戦目からランドブレイカー2匹、ホワイトドラゴン、ケンタウロス、オーがキャプテン*2という重火力編成を引いたにも関わらず危なげなく勝利しています。
一見楽に勝てている様に見えますが、そう見える事こそが高いレベルの戦略と戦術を持っている証明と言えるでしょう。

オリエントインダストリー
メッセを頂きました、変態のクライフさんがいるパーティです。
レベル覇者にも名を連ねるその実力は伊達ではありません。
しかしどう見ても人斬りです。本当にry

・編成
名探偵さん P物理兼僧侶 ライフドレイン
クライフさん 土魔法使い
Xさん A物理兼僧侶 強健の賛歌III
ミリルさん 木魔法使い 水1段階目
鬼群ユウさん 火罠師
長月さん 無罠師

殆ど全員が火力を持つという前のめりな編成です。
物理と魔法と罠が2枚ずつで、その火力は圧巻の一言。
対して防御面に関してはそれほどではありません。防御力は通常程度、回復力はむしろ低い位でしょう。

聖者の丘での戦闘もパーティの編成通りに推移しました。
特に2戦目は開幕から魔法と罠で削りに掛かるも、ジェネシスの猛毒歌が猛威を振るい、一気に劣勢に立たされます。
それでも攻撃を続け、ケンタウロスのデッドリードライブでクライフさんが落ちるもなんとか押し切りました。

第9035パーティ(once in a blue moon)
DK2の頃から響き渡るその勇名と実力は衰える所をしりません。
覇者常連のパーティが非常に手堅い戦略の中、このセレスティアさん擁するonce in a blue moonは開拓や挑戦に最も積極的で華があります。
また数期前までは協力パーティが居たものの、今期は1パーティなのかTTIと協力体制を取っているのも他の覇者常連パーティに無い特徴です。

・編成
シャルビィさん 金罠師 強健の賛歌II
アンリエッタさん ルーン魔術師兼僧侶 DF
セリナさん 歌師 怯懦、天使羽
セレスティアさん ルーン魔術師兼僧侶 DF
アイリアスさん 水魔法使い DF ルーン魔術I
フィールさん 僧侶 DF、先読みIII

ルーン魔術持ちが3人という一風変わった編成。
タラスク・マンティコアという毒ルーンは敵のHPが高い聖者の丘には高相性……というかここを抜くための編成と言えるのかもしれません。
DF4枚、回復3枚と防御、回復面は高いと言って良いでしょう。

聖者の丘での戦闘でもその戦術力の高さを見る事ができます。
開幕毒ルーン2枚で削ると共に、敵の攻撃を召喚獣で凌ぎに掛かります。運悪くシャルさんに攻撃が集中し落ちてしまう辺りはやはり聖者の丘の火力の高さを感じます。
ジェネシスの反魔歌を警戒し、ターン数を調整してから魔法を唱え始める辺り流石です。

Night of Knights
ご存知前期総合覇者、Night of Knightsです。
今期も前線を走りながらダラ戦をしてのけ、ステータスでは既に数歩抜け出しています。
しかしそのNight of Knights、この聖者の丘が超鬼門です。なんせここ2期連続で聖者の丘で全滅を喫していますからね。
と、思っていたらまさかまさかの今期も全滅でした。……もう呪われているとしか。

・編成
桜色の髪の少女さん 水魔法使い兼ルーン魔術師 DF
セシリアさん 僧侶 DF
ノエルさん 僧侶 強健の賛歌III DF
アルプトラウムさん 僧侶 ノーマライズ DF
雪華さん 僧侶兼金魔法兼ルーン DF
エルシエルさん 僧侶 キュアオール DF

鉄壁のDF6枚+回復5枚というNOKの代名詞とも言える編成です。
ルーン魔術も習得しており、聖者の丘対策はバッチリ。
とは言え聖者の丘は火力が高く、しかもそれが長く続くため相性は良くありません。

戦闘は序盤はルーンと毒で快調に凌ぎ、ダメージを蓄積させます。毒を含めた被ダメージはありますが、流石の回復量で戦線を保ちます。
しかし中盤からグラビティを喰らった辺りから被ダメと回復量のバランスが崩れ出します。継いで剛力、マイティ、ウォークライなどの補助が入りだすと防戦一方に。
そしてエルシエルさんが落ちると総力戦を旨とするNOKの戦線は決壊。全滅を喫しました。

第803パーティ
聖者の丘に現れたダークホース。
申し訳ない、全くバックボーンが見えなかったので聞き取り調査をしてみた所、なんとランダムパーティと本家で集まったと言うことです。
周りが編成段階から組まれている事を考えればそれだけで素晴らしいですね。

・編成
YASAKAさん P物理兼僧侶
クーゲルシュライバーさん 金魔法使い インテリジェンスIV アストラルゲイン
ふゆゆさん 水魔法使い 裁縫
金影さん 僧侶 強健の賛歌 DF
ノマーさん 僧侶 先読みIV DF
ペルナローテスさん 僧侶 キュアフラクチャー DF 解封

DF3枚、回復4枚で中々の防御力を誇ります。
その変わり多少総ダメージ量が低目となっており、ダメージソースが切れた時に不安を残します。

1戦目はそれでも魔法が快調に敵を削り、持ち前の回復量で敵の攻撃を見事に防ぎきります。
そして2戦目でランドブレイカー*2とケンタウロス*2と高火力の編成を引いてしまいます。
クエイク、ヘヴィストンプ、ギロティンなどの波状攻撃でYASAKAさんが落ち、ケンタウロスのデッドリードライブでクーゲルシュライバーさんが落ちます。
火力の手も尽きてしまいあとは敵の攻勢に飲み込まれてしまいました。
再起を期待したい所です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://piyoview.blog.fc2.com/tb.php/13-bb978644
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。